Apple TLS 1.0および1.1バージョンの廃止を発表

2018年10月18日

ニュースソース:WebKit
以下は 2018年10月15日に公開された Deprecation of Legacy TLS 1.0 and 1.1 Versionsを要約したものです。


これはTLSプロトコルバージョンの廃止についてAppleのセキュアトランスポートチームのゲストポストです。

TLS(Transport Layer Security)は、Webトラフィックを保護するために使用される重要なセキュリティプロトコルです。クライアントとサーバー間で(しばしば機密情報の)情報を交換しながら、転送中のデータの機密性と整合性を提供します。安全性の確保のためには、安全なバージョンを使用する必要があります。特に、アプリケーションはTLS 1.0と1.1を使用すべきではありません。

TLS 1.2は、App Transport Security(ATS)準拠のために適切に設定され、最新のWebに適したセキュリティを提供します。これはAppleのプラットフォーム上の標準であり、SafariのTLS接続の99.6%を占めています。

TLS 1.0および1.1のサポートは非推奨になりました。Firefox、Chrome、Edgeは、TLS 1.0と1.1のサポートを中止する予定です。Safariのサポートは、Apple iOSとMacOSのアップデートで、2020年3月から完全に削除されます。TLS 1.2以降をサポートしていないWebサーバーを所有または運用している場合は、今すぐアップグレードしてください。