IEEE理事会声明 政府による暗号規制に反対

2018年7月20日

ニュースソース:IEEE

以下は、2018年6月24日にIEEE理事会によって発表された声明In Support of Strong Encryptionを要約したものです。


IEEEは、データと通信の機密性と完全性を保護するために、自由に暗号化された強力な暗号化の使用をサポートしています。
我々は、政府が、暗号化されたデータへの政府のアクセスを容易にするために強力な暗号化の使用を制限したり、”バックドア”や”キーエスクロースキーム”などの例外的なアクセスメカニズムを強制したりすることに反対します。
IEEEは、バックドアやエスクロースキームの意図的な作成を義務づけても、予期しない悪影響だけでなく、予期しない影響をもたらす脆弱性の作成につながると考えています。

  1. 強力な暗号化は、個人、企業、政府の悪質なサイバー活動からの保護にとって不可欠です。暗号化は、データと通信の機密性と完全性を保護します。ほとんどすべてのインターネット商取引は、データを保護するために暗号化に依存しています。
  2. 例外的なアクセスメカニズムは、悪意のあるアクターに対し、脆弱性やシステムの弱点を悪用することを可能にしてしまうというリスクを生み出すことになりかねません。例外的なアクセスメカニズムが存在することは、それを知った悪意のあるアクターがそれを見つけて集中的に悪用することを可能にしてしまいます。

IEEEについて
IEEEは人類の利益のために技術を進歩させることに専念した最大の技術専門組織です。
広く引用された出版物、会議、技術標準、専門的で教育的な活動を通して、IEEEは、航空宇宙システム、コンピュータ、電気通信から生物医学工学、電力、消費者エレクトロニクスまで幅広い分野で信頼される組織です。