Microsoft・Google・W3C・Samsung、ブラウザ関連のドキュメントをMDNに集約

2017年10月20日

ニュースソース:The Mozilla Blog

以下は、2017年10月18日に発表されたMozilla brings Microsoft, Google, the W3C, Samsung together to create cross-browser documentation on MDNを要約したものです。

同一の声明は、MicrosoftのDocumenting the Web together、GoogleのBuilding unified documentation for the webでも行われています。

本日Mozillaは、Microsoft、Google、およびMDN Web Docsの他の業界リーダーとのコラボレーションを促進する計画を発表しました。
計画の目標は、Firefoxだけでなく、複数のブラウザのWeb開発に関する情報を統合することです。
このコラボレーションをサポートするため、既存の関係を公式化し、今後の進展のために「Product Advisory Board」を立ち上げました。

この取り組みにより、これまで断片化していたWebを構築する方法に関するドキュメントが、MDNで入手できるようになります。
GoogleとMicrosoftから、ブラウザの互換性とWebプラットフォームの新機能に貴重なコンテンツがMDNに提供されるようになります。

MozillaのMDN「Product Advisory Board」のビジョンは、ブラウザとWeb標準の最も重要な側面を文書化し、最も包括的で完全で信頼できるソースとしてMDNを維持するようコラボレーションを構築することです。