03-6758-0529

(10:00〜18:00 土日祝日を除く)

ニュースリリース

TOPICS

DigiCert、CNNにVerified Mark Certificate(検証済みマーク証明書/VMC)を発行、BIMI電子メール標準の重要な基盤を築く

DigiCertは、パイロット段階から生産まで、検証されたロゴを必要とする新しい規格をサポートします。

ユタ州レヒ(2019年10月10日) – TLS/SSL、IoT、PKIソリューションを提供する世界有数のプロバイダーであるDigiCert, Inc.は本日、大規模な電子メール送信を行うドメインに対して、世界初のVerified Mark Certificate(VMC)を発行したことを発表しました。CNN.comです。
この証明書により、CNNは、検証済みのロゴを必要とするBIMI(Brand Indicators for Message Identification)規格のパイロット・テストに参加するための準備を整えた最初の企業となります。

VMCは新しいタイプのデジタル証明書で、メール送信者のドメインに紐付けられたロゴの真正性を証明するものです。現在BIMIパイロットにVMCは使用されていませんが、企業ロゴが不正に使用されないようにするための拡張性のある方法であるため、VMCが要件になることが期待されています。
企業は長い間、電子メールで顧客に自己をよりわかりやすく識別してもらう方法を模索してきましたが、BIMI用のVMC証明書を使用することで、検証済みのブランドマークを表示することが可能になります。

YahooMailは現在BIMIのパイロットを実行しています。
また、Googleは2020年に独自のBIMIパイロットを計画していますが、具体的なタイミングを提供したり、VMCが必要かどうかについてコメントしたりしていません。他のメールプロバイダも来年には独自のBIMI導入を開始すると予想されています。

Valimailの業界イニシアチブのディレクターで、BIMI標準を開発しているAuthIndicatorsワーキンググループの議長であるSeth Blank は以下のように述べています。
「CNNによるVMCでのBIMIの採用は、電子メールの生態系の中で画期的な開発であり、CNNの技術的リーダーシップを示しています。
私たちは、インターネット電子メールのこの重要な機能強化の基礎を築くのを支援してくれたDigiCertを称賛します。
AuthIndicatorsワーキンググループは、より多くのブランドがCNNのリーダーシップに続くことを期待しています。」

「DigiCertは、CNNおよびAuthIndicatorsワーキンググループのメンバーと協力して、BIMIパイロットプログラムの下でグローバルブランドのVMCの実現可能性と利点を実証するためのこの最初の一歩を踏み出すことに興奮しています。
私たちは、VMCを大規模に発行したいという需要があることを承知しており、その機能の提供に全力で取り組んでいます。」とDigiCertの製品チーフであるJeremy Rowleyは述べています。

ドメイン向けのVMC対応BIMIサービスのリーディングプロバイダーであるValimailのCEO兼共同設立者であり、AuthIndicatorsワーキンググループの共同創設者でもあるAlexander García-Tobarは以下のように述べています。
「VMCを使用してロゴを検証できるようになったことは、大きな前進です。
Valimailは自社製品だけでなく、業界におけるBIMIとVMCのサポートにも力を入れており、電子メール技術のこの重要な強化についてDigiCertと協力できることに興奮しています。」

BIMIは、安全でグローバルなフレームワークを提供する新しい標準規格で、電子メールの受信トレイで、送信者が指定した認証済みのロゴをメッセージに表示できるようにします。
ドメイン所有者は、自分のドメインから送信された認証済み電子メールメッセージと一緒に、受信トレイに表示されるロゴを指定することができます。

BIMIは、電子メールとロゴの両方が適切に認証されている場合にのみ機能します。電子メールは、検疫または拒否のポリシーを使用して、ドメインベースのメッセージ認証、受信、および適合(DMARC)標準を介して認証される必要があります。ロゴ自体はVMCによって検証されます。

DigiCertがCNN.comのために発行したVMC証明書は、消費者に大量のメールを送信するために使用されるドメインのための初めての証明書です。
この証明書により、すでにDMARCでドメインを認証しているCNNは、来年行われるVMCを利用するBIMIパイロットに参加するための「すべてのシステムが稼働する」状態となりました。

VMC、BIMI、DMARCを利用することで、消費者によく知られたブランドマークを表示した認証済みメッセージを通じ、組織やブランドは消費者の受信トレイでのオンラインプレゼンスを拡大できるようになります。

DigiCertは現在、パイロットプロジェクトで顧客を支援する準備ができており、2020年初頭までにVMC証明書をDigiCert CertCentralプラットフォームに統合する予定です。

DigiCert, Inc.について

DigiCertは、スケーラブルなTLS/SSL、アイデンティティと暗号化のためのPKIソリューションを提供する世界有数のプロバイダーです。
Fortune 500企業の89%、世界のトップ銀行100行のうち97行を含む、最も革新的な企業が、WebサーバやInternet of Thingsデバイスのためのアイデンティティと暗号化の専門知識を持つDigiCertを選択しています。
DigiCertは、証明書ライフサイクル管理プラットフォームであるCertCentral®を通じて、あらゆる規模のPKI展開のためのTLS/SSLやその他のデジタル証明書をサポートしています。
DigiCertは、そのエンタープライズグレードの証明書管理プラットフォーム、迅速で知識豊富なカスタマーサポート、そして市場をリードするセキュリティソリューションで高く評価されています。

SRIによるサポート

この件につきまして、ご不明な点などございましたら当社までお問い合わせください。

以下のお問い合わせフォームより、貴社情報とご相談内容をお送りください。
担当者より、ご連絡させていただきます。
https://rms.ne.jp/form/ask.html

Copyright © Sophia Research Institute,Ltd. All rights reserved.