03-6758-0529

(10:00〜18:00 土日祝日を除く)

DigiCert, GmailのBIMIパイロット用VMCをサポート
電子メールの会社ロゴが重要な一歩を踏み出す

TOPICS

新しいEメール規格 BIMIに対応するために、あなたが準備できること

Brand Indicators for Message Identification (メッセージを識別するためのブランド指標/BIMI) は、企業が認証済みの電子メールに自社のロゴを表示することを可能にする新しい規格で、現在試験的に導入されています。
Googleが行っているGmailでのパイロットは、検証済みマーク証明書(Verified Mark Certificate/VMC)を使用したBIMIの最初の実際の実装です。これにより、Gmailはドメインベースのメッセージ認証、レポート、適合性(DMARC)のセキュリティが有効になっていることを確認し、メールの信頼性を確認した上で送信者のロゴを表示できるようになります。

電子メールは悪意のある攻撃者によって不正な目的で利用されることが多く、ドメインのなりすまし・有効な電子メールを装う手法が巧妙化していることは周知の事実です。そのため、この電子メールのための新しい規格であるBIMIの主な目標は、より強力な認証の採用を奨励し、それによって電子メール詐欺を減少させることにあります。

しかし、認証やDMARCの他にも、メールと一緒に送信されるロゴが送信者のものであることを確認することも重要です。強力な認証は DigiCert が最も得意とすることの1つであり、GmailのBIMIパイロットに参加できたことを嬉しく思います。
DMARCは企業に大きな価値を提供することができますが、その保護を利用しているブランドはまだ多くありません。BIMIワーキンググループとDigiCertは、この重要なセキュリティ標準の利用拡大のために協力し合っており、ユーザーのためにセキュリティを強化している企業に付加価値を提供しています。

BIMI準拠 = DMARC施行 + VMC

最高レベルの認証で完全にBIMIに対応するには、組織はDMARCを採用し、VMCを取得するための審査を受ける必要があります。
DMARCは、電子メール認証における重要な技術であり、企業は誰がドメインから電子メールを送信しているのかを可視化し、それらのサービスやサーバのうち、どのサービスやサーバで電子メールの送信を許可するのかを制御することができるようになります。
VMCは、Gmailの顧客の受信トレイの「送信者」フィールドの横に組織のロゴが表示される前に、商標登録されたロゴと、VMCを要求する個人および企業がDigiCertによって検証されたことを暗号化して証明するデジタル証明書です。

大手ブランドがこのプロジェクトに参加しているのは、電子メール認証の重要性と電子メール内でのロゴの可視性に関心を持っているからです。DigiCertは、これらの偉大なブランド、Gmail、BIMI認証者ワーキンググループと協力して、商標ロゴの検証とVMCの発行に取り組んでいます。

VMCの重要性

VMCは、商標ロゴがBIMI基準に基づいて審査されていることや、申請組織や代表者の実在性、正当性を暗号化して保証するという重要な役割を果たします。
これは合格するための高いハードルですが、VMCは組織に次のようなメリットを提供します。

・長期的には、VMCを使用した電子メールプラットフォームの受信トレイに貴社のロゴが表示されるようになります。
・DMARCに準拠しているため、なりすまし攻撃からの保護をさらに強化することができます。
・メールからコンバージョンに至るまで、より信頼性が高く、認識しやすく、統一されたブランド体験を提供します。
・貴社のメールを、雑然とした混乱から区別させます。

DigiCertは、組織のアイデンティティをウェブ上で大規模に検証することができるという実績があり、この分野の最前線で活躍しています。私たちは、ロゴが適切に審査され、規格に沿ってVMCを発行できることを実証した最初の証明書局(CA)です。2019年には、大規模に電子メールを送信するドメイン:cnn.comに初めてVMCを発行しました。

さらに、Valimailとのパートナーシップを通じて、お客様のBIMI対応を支援しています。DigiCertは、現在BIMIへの参加を認可されている2つのCAのうちの1つであり、最終的に使用を希望するすべての企業がVMCを使用できるようにするために必要な、世界のすべての地域に対してグローバルな規模とローカルなサポートを提供している唯一のCAです。

今後の展開

DigiCertは、今後予想される巨大な需要をサポートするために、大規模なVMCの発行と管理のためDigiCert CertCentral®で動作するスケーラブルなBIMI-VMCソリューションを2020年後半に開発することに取り組んでいます。

Google BIMIパイロットのロールアウトとその結果と、業界パートナーとの継続的な取り組みにより、電子メール認証を改善できることを楽しみにしています。

VMC が広く利用できるようになったら、いち早く VMC を受け取ることにご興味のある方は、VMC Webページからご登録ください。
VMCパイロットの進捗状況については定期的に更新を行いますので、一般的に利用できるようになった際には、いち早くこれらの証明書を受け取ることができます。

ご準備を!あなたは今何ができるでしょうか

DMARCを施行する:まず、施行されているかどうかを確認してください。DigiCertのパートナーであり、BIMIグループのメンバーであるValimailのDMARCチェッカーを使用して、自社のドメイン名のステータスを素早く確認することができます。
もしあなたがすでに施行されている場合は、素晴らしいです。利用可能となった際にはVMCを購入できます。
まだ施行されていない場合、準備は簡単なものもあれば、複雑なものもあります。電子メール送信ドメインを1つか数個しか持っていないビジネスであれば、準備はウェブホスティング会社や電子メールサービスプロバイダにDMARCが有効かどうかを尋ねるのと同じくらい簡単かもしれません。より複雑なメールインフラを持つ大規模な組織では、より詳細なレビューとプロセスが必要になるかもしれません。

ロゴを準備する:現在、VMCを取得するには、ロゴを自国の知的財産を所管する政府機関(米国:US Patent and Trademark Office, EU: European Union Intellectual Property Office, 日本:商標庁など)に登録する必要があります。 ロゴはSVG形式で、ロゴが中央に配置され、読みとりやすい正方形の形式であり、ファイルは公開されている必要があります。

これらの項目はどちらも複雑に見えるかもしれませんが、準備の仕方やパイロットの状況などについては、今後詳しくお伝えしていきたいと思います。
VMC Webページにサインアップすると、DMARC準備、ロゴ準備などの詳細情報が記載されたブログがさらに公開されたときにお知らせします。

SRIによるサポート

この件につきまして、ご不明な点などございましたら当社までお問い合わせください。

以下のお問い合わせフォームより、貴社情報とご相談内容をお送りください。
担当者より、ご連絡させていただきます。
https://rms.ne.jp/form/ask.html

Copyright © Sophia Research Institute,Ltd. All rights reserved.