OpenSSL Project コミッター制度を導入

2017年2月16日

ニュースソース:OpenSSL Blog

以下の文章は、2017年2月13日に公開されたProject Bylawsを要約したものです。


私たちは、「コミッター」(Apacheのコンセプトから借用)という概念を導入することに決めました。
コミッターはソースコードリポジトリにコードをコミットする能力を持つ人々です。必ずしも完全なチームメンバーになる必要はありません。これは、完全なチームメンバーになることを望む人々のための足掛かりとみなされるかもしれません。コミッターは、レビュープロセスに協力することができます。

私たちは、チームとしてどのように働いているのか、またどのように意思決定が行われているのかをより明確にしたいと思っていました。
そのための一連のルールを策定しましたが、現時点ではどこにも公開されていません。

上記二つのテーマの結合として、OpenSSLの書き換えと更新のプロジェクトルール(Apache Software Foundationモデルに着想を得ました)が公開され、同時にコミッターの概念が導入されることになりました。
このルールはOpenSSL Bylawsとして公開しています。

今後、コミュニティの様々な信頼できるメンバーをコミッターに招待して行きます。
また、コミッターに期待されることと役割について理解いただけるよう、近い将来、コミッターポリシー文書を公開する予定です。