03-6758-0529

(10:00〜18:00 土日祝日を除く)

ドキュメントサイニング証明書
Adobe PDF、Microsoft Office、OpenOffice、LibreOffice文書に完全対応

DigiCertドキュメントサイニング証明書とは

DigiCertのドキュメントサイニング証明書は、Adobe PDF、Microsoft Office、OpenOffice、LibreOffice文書に完全対応したデジタル文書の署名ツールです。紙の文書に例えると、最後に押す承認印のようなものです。
署名された文書を受け取った相手は、「文書が署名者によって署名されていること」、「署名者以外によって文書が変更されていないこと」を確認できます。
署名した文書は、第三者によって変更することができません。文書に署名されていることは、署名した時点から内容が変更されていないことの証明になります。これにより電子書類の改ざんを完全に防ぐことができ、コンプライアンスの向上等にもつながります。
また、米国の電子署名法(U.S. Federal ESIGN Act)をはじめとした多くの国際法に準拠しており、米国を始めとする海外への文書提出時での利用にも適しています。日本国内法で定められている、有効な電子署名要件を備えた署名が行える証明書でもあります。

ドキュメントサイニング証明書で署名された文書

ドキュメントサイニング証明書で署名された文書には、以下のような表示が追加されます。

※画像はAdobe PDFのものです。

署名部分をクリックすると、署名者の情報と、文書が作成され署名されてから今までに変更されていないことが確認できます。

※画像はAdobe PDFのものです。

証明書のプロパティから更に詳細な情報を確認することも可能です。

※画像はAdobe PDFのものです。

ドキュメントサイニング証明書の特徴

「Adobe PDF」「Microsoft Office」「OpenOffice」「LibreOffice」に署名可能

普段文書作成で使っているソフトウェアで署名ができます。

USBトークンとパスワードの2要素認証
パスワードとUSBトークンの要素認証

DigiCertのドキュメントサイニング証明書は、USBトークンとパスワードの二つが揃わないと文書への署名ができません。
また、USBトークンに含まれる証明書情報は、マシンにコピーすることはできません。
2つの要素が揃うことで初めて署名が可能になるため、パスワードだけあれば署名できる電子署名に比べ、安全性は抜群に高いといえます。

署名は永遠に有効

DigiCertのドキュメントサイニング証明書で行われた署名は永遠に有効です。
「Adobe PDF」ではデフォルトで署名日時を証明するタイムスタンプが文書に含まれます。他の文書についても、タイムスタンプを文書に含めることができます。

カスタマイズ可能

「Adobe PDF」文書へ署名する場合、「Adobe Acrobat」の機能を利用して署名のフォントを指定したり、印章などの画像を含めたりすることができます。
「Microsoft Office」文書へ可視署名(見える署名)をする場合、あらかじめ用意したサインなどの署名画像を使うこともできます。

DigiCertドキュメントサイニング証明書採用のメリット

Copyright © Sophia Research Institute,Ltd. All rights reserved.