03-6758-0529

(10:00〜18:00 土日祝日を除く)

SSL・EV SSL サーバー証明書 サポート

Cisco Adaptive Security Appliance 5500でのCSR作成方法

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。

※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Cisco Adaptive Security Appliance5500 SSL VPN/FirewallでのCSR作成

  1. Cisco Adaptive Security Device Manager (ASDM)から「Configuration」を選択し、次に「Device Management」を選択します。
  2. 「Certificate Management」を展開して「Identity Certificates」を選択し、「Add」を選択します。
  3. 「Add a new identity certificate」ボタンをクリックし、「New…」を選択します。




  4. 「Enter new key pair name」を選択し、任意のキーペア名を入力します。
    キーのサイズは2048、Usageは「General purpose」を選択し、「Generate Now」ボタンをクリックします。




  5. 次画面でSelectボタンをクリックし、「Certificate Subject DN」に進みます。
  6. 「Certificate Subject DN」ウィンドウの「Attribute」ドロップダウンリストから以下の各項選択して、証明書で必要とされる値を入力し、「Add」をクリックします。全項入力後「OK」をクリックします。




    CN
    – ドメインネーム(FQDN)そのもの、あるいはホスト名を入力します(コモンネーム)。例:vpn.domain.com。

    OU
    – 部署名を英文で入力します。空白でもかまいません。

    O
    – 組織の正式名称を英文で入力します。

    C
    – 法人が登記されている国の国名コードを入力します。日本の場合は「JP」です。

    ST
    – 法人の登記簿謄本に記載された都道府県名をローマ字で入力します。

    L
    – 法人の登記簿謄本に記載された都市名をローマ字で入力します。

    ※入力欄に入力できる文字数は64文字までです。64文字を超えてしまった場合、後の証明書のインストール過程で問題を引きこすことがあります。
  7. 「Add Identity Certificate」ウィンドウの「Advanced」をクリックします。




  8. FQDN入力欄には、コモンネームまたはステップ5のCN値で入力したものと同じものを入力し、「OK」をクリックします。
  9. 「Add Identity Certificate」ウィンドウの「Add Certificate」をクリックし、作成したCSRをテキストファイル(.txt)として保存します。
  10. 保存したCSRをテキストエディターで開き、BEGINタグとENDタグを含むファイルの全てのコンテンツをコピーし、オーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

Copyright © Sophia Research Institute,Ltd. All rights reserved.