RMS        

DigiCert

RMS

045-548-4656

(10:00〜18:00 土日祝日を除く)

SSL・EV SSL サーバー証明書 サポート

Citrix Access Gateway 4.5でのCSR

Citrix Access Gatewayは、「Administration Tool」の「Certificate Request Generator」でCSRを作成できます。

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。

※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Citrix Access Gateway 4.5でのCSR作成方法

  1. 「Administration Tool」で「Access Gateway Cluster」タブを選択すると、ウィンドウが開きます。
  2. 「Certificate Signing Request」タブで要求に応じ会社情報を入力します。
    「Access Gateway FQDN」欄には、ホスト名(FQDN)を入力してください。WildCard Plus用のCSRを作成する場合のホスト名は、「*.ドメイン名」となります。
    ここで入力するパスワードは秘密鍵のパスワードになります。
  3. 「Generate Request」をクリックするとCSRファイルが作成されます。出来上がったCSRはテキストファイルとしてCitrix Access Gatewayに保存されます。
  4. テキストエディターでCSRファイルを開き、BEGINタグとENDタグを含むファイルの全てのコンテンツをコピーし、オーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。
※2020年12月末をもって組織内の部署名(Organizational Unit Name)の運用は終了いたしました。
 2021年1月以降に発行される証明書に組織内の部署名は反映されません。

※関連情報
 OUフィールドの廃止に関するご案内

技術サポートが必要な場合は、お問合せフォームを利用するか、info@rms.ne.jp までお問合せください。

Copyright © cybervision Hosting. All rights reserved.