03-6758-0529

(9:00〜17:00 土日祝日を除く)

SSL・EV SSL サーバ証明書サポート

IBM DominoGoでのCSR作成方法

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。

※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

作成手順

  1. コマンドプロンプトで mkkf と入力し、MKKFユーティリティを起動します。メニューが表示されます。

    ※MKKFユーティリティは、特に指定しない限りMKKFを実行しているディレクトリにキーリングを作成します。
  2. 「N」を選択し、新しいキーリングを作成します。
  3. 新しいキーリングのファイル名を入力します。
  4. 次のメニュー画面が開きます。「W」を選択しキーと証明書の処理を行います。
  5. 「C」を選択し、新しいキーとCSRの作成作業に入ります。
  6. 新しいパスワードを入力します。パスワードは後の作業で必要になりますので覚えておいてください。
  7. 「P」を選択し、PKCS#10 証明書フォーマットを指定します。
  8. 「M」を選択し、CSR情報の登録作業に入ります。
  9. 組織情報を入力欄に正確に入力します。
  10. 「R」を選択し、キーとCSRを作成します。
  11. 「X」を選択し、MKKFユーティリティを終了します。
  12. キーリングファイルが作成されていることを確認します。
  13. 作成したキーリングファイルのコピーを安全な場所に保存します。
  14. テキストエディターでCSRファイルを開き、BEGINタグとENDタグを含むファイルの全ての内容をコピーしてオーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

関連情報

Copyright © Sophia Research Institute,Ltd. All rights reserved.