03-6758-0529

(10:00〜18:00 土日祝日を除く)

SSL・EV SSL サーバ証明書サポート

Windows2016 Microsoft IIS10でのCSR作成方法

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。

※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

IIS10マネージャーを使ってCSRを作成する

  1. インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャーを立ち上げます。
  2. インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャーの左ペインでサーバー名をクリックし、中央ペインのIISセクションで「サーバー証明書」アイコンをダブルクリックします。

    IIS 10 Create CSR


  3. 「サーバー証明書」ページで右ペインの「証明書の要求の作成…」をクリックします。

    IIS 10 Create CSR


  4. 「証明書の要求」ウィザードの「識別名プロパティ」ページで以下の情報を登録し「次へ」をクリックします。

    一般名(M):httpsで利用する省略のないホスト名 (FQDN) を登録します。
    組織名:会社名などの正式組織名の英文表記を登録します。
    部署名:部署名の英文表記を登録します。
    都市名:組織の登記住所の都市名(英文)を登録します。
    都道府県名:組織の登記住所の都道府県名(英文)を登録します。
    国名:登記国名を英文2文字で登録します。日本の場合はJPです。


    IIS 10 Add CSR Details


  5. 「暗号化サービスプロバイダのプロパティ」ページで以下の情報を登録し「次へ」をクリックします。

    暗号化サービスプロバイダー:特定の暗号化プロバイダを持っていない限り、ドロップダウンリストから「Microsoft RSA SChannel Cryptographic Provider」を選択します。
    ビット長:特別な理由がない限り、ドロップダウンリストから「2048」を選択します。


    IIS 10 Add CSR Details


  6. 「ファイル名」ページの「証明書要求のファイル名を指定してください」で「…」をクリックし、CSRの保存場所とファイル名を指定し、「終了」をクリックします。

    CSRのファイル名だけを指定し、保存場所を指定しない場合ファイルは C:\Windows\System32 に保存されます。

    IIS 10 Add CSR Details


  7. 保存されたCSRファイルをテキストエディターで開き、—–BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST—–から —–END NEW CERTIFICATE REQUEST—– までをコピーし、オーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

    IIS 10 Add CSR Details


  8. SSLサーバ証明書のインストールについては、IIS10でのインストール方法を参照してください。

Copyright © Sophia Research Institute,Ltd. All rights reserved.