03-6758-0529

(10:00〜18:00 土日祝日を除く)

SSL・EV SSL サーバー証明書 サポート

Exchange 2010 サーバー間でのSSLサーバ証明書の移動方法(インポート)


本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。

※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

PFXファイル

PFX 機能は、Windowsサーバー上で公開鍵ファイル(DigiCert が発行するサーバー証明書)と秘密鍵ファイル(CSR 作成時に同時に作られるファイル)のバックアップを行うために使われます。

公開鍵ファイルと秘密鍵ファイルのセットはSSLが正常に機能するためには不可欠ですので、サーバ証明書をひとつのサーバーから別のサーバーに移動する場合、必ずPFXバックアップを行ってください。

Exchange 2010 証明書の移動方法(エクスポート)に記載されている手順に従って証明書がインストールされているサーバーからバックアップを取り、新しいサーバーに証明書をインストールしてください。

Exchange管理コンソールを使ってインポートする

  1. インポートする.pfxファイルをサーバー上に保存します。
  2. Exchange管理コンソールを開きます。

    [スタート]  -> [プログラム]  -> [Microsoft Exchange Server2010]  -> [Exchange Management Console]
  3. [データベースの管理] をクリックし、サーバーの構成を開きます。


  4. 右メニューの [Exchange 証明書のインポート] のリンクをクリックします。


  5. [Exchange 証明書のインポート] ウインドウの参照をクリックし、手順1で保存した .pfx ファイルを指定します。
    指定したファイルのパスワード(.pfxファイル作成時に設定したもの)を入力し、[次へ] をクリックします。


  6. [サーバーの選択] 画面で証明書をインポートするサーバーを指定します。追加をクリックして、複数のサーバーを指定することも可能です。サーバーの指定後、[次へ] をクリックします。


  7. インポートする.pfx ファイル情報とインポートするサーバー情報を確認し、問題がなければ、[インポート] をクリックします。


  8. [完了] 画面でインポートされた.pfx ファイル情報とインポートされたサーバー情報を確認し、[終了] をクリックします。


Exchange Management Shellを使ってインスポートする

  1. インスポートする.pfxファイルをサーバー上に保存します。
  2. この手順を実行する際には、あらかじめ権限を割り当てる必要があります。権限の割り当てについては、Microsoft TechNetライブラリの「クライアント アクセス許可」ページ内の、「クライアント アクセス サーバーのセキュリティ設定」を参照してください。
    <FILE_NAME>.pfx はフォルダー名を含む保存したファイル名です。

    Import-ExchangeCertificate -Path c:<FILE_NAME>.pfx -Password:(Get-Credential).password
  3. 以下のプロンプトが表示され、パスワードの入力を求めるウインドウが表示されますので、<FILE_NAME>.pfx作成時に指定したパスワードを入力してください。

    コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Get-Credential
    次のパラメーターに値を指定してください:
    Credential


関連情報

Copyright © Sophia Research Institute,Ltd. All rights reserved.